介護 仕事

介護職員の立場

老人ホームなどでの介護職員の立場は、言うまでもなく、利用者への介護業務です。
施設などには、通常、様々な職種の人が働いていますが、その中でも一番重要なポジションです。
介護職は、他の職種と違い、施設などに複数人いなければ成り立たないのです。

 

それだけ、介護士というのは重要であり、とても大切な職種なのです。
当然、責任を持って働かなくてはいけませんし、尊敬されなければならない職種でしょう。
しかし実際には、誰でも簡単に就ける職種という認識があり、底辺の仕事に見られる事もあるし、
「雑用とか、汚い仕事だけしてれば良い」と、差別的な目で見る人さえいたりするのです。
事実、老人ホームなどでは一番重要なのに一番低い扱いを受けています。

 

 

確かに、雑用や、汚い仕事もこなさなければいけませんが、介護職は、専門性の高い仕事です。
同じ現場で働いている看護師などとは経験や知識も雲泥の差があるかもしれませんが、
経験を積んでいき、介護(福祉)という部分に関しては、深い知識、技術を持てば良いのです。

 

 

そうして、どんどん経験や知識を高めることによって、介護職だからと言って低い立場ではなく、
むしろ、利用者から心強い存在となり、信頼もされて行くのです。

 

 

確かに、介護職は、資格もなく、学歴も関係なく即採用されるケースもあります。
しかし、ある程度働いている介護職は、とても大切な存在として認められています。
最初のうちは、雑用や、誰にでも出来る業務が中心になる可能性もあるかもしれませんが、
徐々に、他の職種からも尊敬されるような立場になることだってあるのです。

 

 

介護職の立場というのは、とても低いと思っている人は、その考え方自体を改めて、
逆に専門性の高い職業であるという認識で働くと、きっとやりがいも感じていくでしょう。
そして経験を積み重ねれば、他職種からも認めてもらえるような存在になるはずです。

 

 

どんな職場であっても、介護施設の場合は、介護サービスなしでは運営出来ないのですから。