排泄介助

排泄介助について

 

排泄介助について、詳しくご説明します。

 

 

介護現場において排泄介助と一言で言っても、様々な内容があります。
大きく分けると、オムツ交換とトイレ誘導の2つに分けられます。

 

オムツ交換

寝たきりになってしまった方や、トイレに座ることが出来ない方、尿意が無い方などは、
排泄をオムツ内にしますので、オムツ交換などの介助を必要とします。
ただし、オムツ対応と云えど、様々な対応方法があり、ただ交換するだけではありません。

 

 

例えば、日中はトイレに行くが、夜間は起きるのが困難などの理由で、オムツだったり、
排尿はオムツだけど、排便の時のみトイレに座っていただくなどの対応もあります。
また、赤ちゃんのオムツにも履くタイプのものがありますが、大人のオムツも同様に存在します。
その場合、失禁しても大丈夫なのですが、トイレにも行くことも想定しています。

 

なお、寝たきりでも尿意があり、座位(座ること)がとれる場合などは、
トイレ介助も不可能ではありませんので、利用者に合わせてトイレ介助を行なう場合もあります。

 

 

トイレ介助

トイレに行ける方は、トイレ誘導をして、トイレにて排泄をしていただきます。
ご自分で動作が可能な方は、見守りや体を支えてあげる程度の方もいます。
また、車椅子から便座に移ったり、ズボンの上げ下げから陰部を拭く動作まで、
全てにおいて、こちらが介助する場合もあります。個人に合った対応をして行きます。

 

 

 

 

排泄介助の場合、基本的には上記の2つに分けられており、利用者によって異なります。
ただし、どこまで丁寧に対応出来るかなどは、施設によって異なり、トイレに行けるような方でも、
面倒だったり時間の関係上、ベッド上にてオムツ対応にさせられてしまう場合もあるのです。

 

 

例えば病院などでは、高齢者などの場合、ベッド上に拘束されてしまうケースも多いので、
その場合、トイレに行けるような方であっても、オムツ対応とされてしまうことが多いですし、
老人ホームなどであったとしても、すべて理想通りの対応が出来るわけではありません。

 

 

介護度(介護の度合い)が高く、寝たきりの方が多い施設では、大半の方がオムツで、
それを流れ作業の様に、端から順番におむつ交換をしていく場合もあります。
また、自立している方から寝たきりの方まで、様々な方が入居されている老人ホームにおいては、
人それぞれに合った適切な対応方法をして行く場合もあります。

 

 

排泄介助は、利用者にも職員にも、とてもデリケートな問題であり、楽しい事ではありません。
介護職にとっては、正直言って一番嫌な仕事であり、出来れば避けたい仕事です。
しかし、生きている以上、絶対に必要な行為ですから、排泄介助も避けては通れないのです。