介護職,看護職

介護職と他職種(看護職など)との連携について

介護施設などでは、介護職だけが働いているのではなく、他職種の人が働いています。、
ですから、他の職種との連携がとても大切であり、常に意識していなければなりません。
しかし、残念ながら、他職種との連携が上手く行ってない所が多いようです。

 

 

介護施設などの場合、医療従事者やケアマネジャーなどとの連携が必要なのですが、
医療と福祉では考え方が違いますし、看護師というのはプライドが高い人が多いのです。
知識や経験が豊富なのは間違いないのですが、やはり介護士にもプライドはあります。
そうやって、お互いに違う考えですので、職場ではぶつかり合う場合もあるのです。

 

 

こういった考えの違いなどから、看護師と介護士は、中々難しい関係にあり、
連携がうまくいっていない施設の方が多いくらいと言っても良いと思います。
その他の職種との連携も、考え方の違いなどから、上手く行かない事もあります。

 

 

ですから、なるべく、お互いの職業を尊重しあい、助け合って行くのがベストなのです。
そうすれば、連携もすムームに行き、人間関係も良くなっていくことでしょう。

 

 

これから介護職になる人は、看護師との連携や人間関係も重要であるし、
また、大変な部分であると言うことを頭に入れておいて下さい。
いずれにせよ、自分は介護のプロというた自信を持って頑張りましょう。