介護職の医療行為

介護職の医療行為について

介護職というのは、医療行為と呼ばれるような行為は、行う事が出来ません。
しかし、軟膏の塗布や、疾患の無い爪切り程度などは、認められています。
中には、可能な範囲を超えて行わせる施設もありますが、本来は認められていません。

 

 

介護職が行える行為
皮膚への軟膏塗布、湿布の貼り付け、点眼薬の介助、
一包化された内服薬の服薬介助、座薬の挿入、体温、血圧測定、
軽微な傷の処置、健康な状態の爪切り、耳垢除去・・・・

 

 

などが挙げられます。これらは、医療行為には当たらないとされています。
したがって、これらの行為は、老人ホームで、介護職でも日常的に行っています。
施設では、看護師の人数が少ないので、介護職が行う必要もあるのです。

 

 

しかし、中には、これらの範囲を超えて、介護職に行わせている施設もあります。
本来は禁止行為なのですが、仕方なく容認されており、行っている場合もあります。
これを、実質的違法性阻却と言います。

 

 

例えば、経管栄養と言って、胃などへ直接栄養剤を注入する方法があるのですが、
これは、看護師でないとできませんが、稀に、介護職に行わせている施設もあります。
他にも、難しくなさそうな行為は、介護職にやらせるケースもあると言われています。

 

 

ただし、痰の吸引や経管栄養と言った行為に関しては、実施することも可能になりました。
条件としては、一定の研修を受けるか、H28年以降に介護福祉士に合格するかです。

 

医療行為を行う場合は、知識が乏しい介護士にとって、今後も課題となるでしょう。