介護の仕事 主婦

介護の仕事って主婦でも出来るのですか?

介護の仕事は、若い女性はもちろん、30代から40代以上の主婦が多く働いています。
訪問介護事業所のパートの多くは主婦ですし、老人ホームでも主婦の方は多く働いています。
最近は男性の介護士も多くなってきましたが、元は主婦の仕事というイメージも強かったからでしょう。

 

 

主婦の場合、家事などをおろそかに出来ませんし、子育て真っ最中の方だっています。
では、パートだけではなく、老人ホームなどに正社員として働く事は出来るのでしょうか?
老人ホームなどの場合、勤務が変則的で、夜勤などもあります。それで働けるのでしょうか?
結論から言って、小さな子供がいる場合は、親などの協力者がいないと不可能に近いです。

 

 

しかし、子供が中学生位の年齢になれば、ある程度のことは自分で出来ますから、
親が付きっきりじゃなくても大丈夫なため、夜勤などがあっても働くことは可能です。

 

 

そういった制約があるにも関わらず、主婦で介護の仕事をしている人が多いのも事実なのです。
それは、主婦でも採用されやすい職種ですし、むしろ必要な人材と言えるからです。
家族を養うために必死に働きますし、家事的な部分などは、働くまえからすでにプロです。

 

 

 

家事的な部分とは、職場にもよりますが、掃除、洗濯、調理といった業務であり、
介護職というのは、こういった部分が沢山ありますので、主婦の方無しでは成り立たない位です。
もちろん、職場には先輩もいますし、マニュアル的な物もありますから、誰でも働けるのですが、
やはり、主婦の方なら未経験であっても、そういった部分に関しては教える必要が無いほどです。

 

 

介護の仕事は、主婦で、しかも変則的な勤務体系もOKであれば採用率はアップするはずです。
パートの場合で日勤帯のみしか働けない方も、主婦であれば、かなり有利に採用されるでしょう。