介護職 面接

介護職で応募する時の面接について

介護職として働く場合、当然として、企業と面接することになります。
介護の仕事なんて、底辺の仕事だから適当で良いなんて考えは捨てて下さい。
むしろ、介護という仕事だからこそ、面接での応対などが大切になって来ます。

 

 

介護職は、企業にもよりますが、学歴や性別、年齢などは、あまり重視しません。
その人の人間性とか、採用側のニーズに合った人かどうかなどが大切になってきます。

 

採用側のニーズで年齢とか性別などもあり、こればかりは企業が決めているので仕方ありません。
でも企業が求めるニーズとは、年齢や性別だけじゃなく、人間性などもあります。
また、企業のニーズに合っていなくとも採用される位になれるよう、努力することは怠らないで下さい。

 

 

介護の仕事は、上記で述べた通り、人間性などを大事にしますから、面接は非常に重要です。
また、経験や資格が合ったほうが採用されやすいですが、未経験者が有利な職場もあります。
経験者だと、以前の働いている考えを主張する人が多いので、そういった人を嫌う職場もあります。
未経験者を積極的に採用している企業もありますので、ぜひチャレンジシてみて下さい。

 

 

面接時の服装について

パートであれ、施設であれ、訪問介護であれ、面接はスーツが基本です。
面接へ行くのに、普段着というのは、どんな仕事でもNGだと思って間違いありません。
もし、介護の仕事だから普段着でも平気だろうという考えの方は、改めて下さい。

 

誰でも良いから採用したいと思ってる職場は、かなり人手不足で、良い職場じゃないかも…

 

 

面接時の態度について

当たり前ですが、正しい日本語で、明るく元気に、ハッキリと話しましょう。
暗い性格の人は、介護の仕事はあまり向いてませんから、評価が下がります。
常識があり、何でも前向きに頑張れるような所もアピールすると良いでしょう。

 

 

履歴書について

履歴書も、とても重要なポイントになってきます。適当に書くのは絶対にやめましょう。
だからと言って、学歴や職歴の部分が大切とかなのではなく、きちんと書けるかどうかが問題です。
空白の欄が多いとか、手抜きして書いているとか、そういったのは、すぐに見抜かれます。

 

 

介護の仕事は、学歴や職歴などはあまり関係ありませんが、人間性がとても重要です。
また、自分という存在を、企業がほしがっているかどうかも大切なポイントです。
その点は、自分のような存在(性別や年齢、資格など)を欲しがっている所を探しましょう。
また、履歴書や面接時の応対も重要ですので、適当にごまかすことはしないで下さい。