ケアマネジャー

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、介護保険法(1997年成立)によって定められた資格であり、
正式名称を介護支援専門員と言います。
よく間違われますが、介護支援専門は国家資格ではありません。公的資格です。
ちなみに管理人の現在の職種も、介護支援専門員をしています。
通常、職場などでは省略された「ケアマネ」という名称で呼ぶことが普通です。

 

 

仕事内容は、要介護者などからの相談に応じ、その人に合ったサービスを提案する業務を行い、
ケアプランという、利用者一人一人の援助内容を作成するのが、主な仕事となります。
ケアプランの作成の他にも、利用者との面談、サービス内容の確認、他業種との連絡調整、
それに付随する事務仕事や、施設の場合は介護業務が含まれる場合もあります。

 

 

次の項目でも紹介しますが、この資格は、介護業務など5年以上の実務経験が必要で、
介護の仕事をする人が目指す事が多い資格で、介護士のあこがれとも言えます。
もちろん、現場で介護士としてずっと働きたいと言う人や、看護師になってみたい人、
ケアマネの資格は持っているが、介護士として従事している人など、様々な人がいますから、
一概には言えませんが、福祉の中心的な存在であると言っても過言ではありません。

 

 

大変な仕事ではありますが、やりがいもあり、収入も介護職よりは上がります。
また、居宅(在宅)か施設のケアマネで仕事内容もかなり違いますので、
仕事を選ぶ際は、まずはどちらのケアマネをやるのか決めるかで大きく変わります。

 

施設ケアマネと居宅ケアマネの違い

施設ケアマネは介護業務と兼務しながら、施設の利用者の調整役をします。
レクレーションの手伝いや、家族との連絡、雑用なども業務が発生することもあるでしょう。
施設によって仕事内容が大きく異なりますが、色んな仕事をする必要があります。

 

居宅ケアマネの方は、介護業務は一切ありません。利用者宅の訪問は、基本は月に1回です。
あとは、訪問介護事業所や福祉用具、デイサービスなどの事業所などと連絡調整を行います。
他の事業所との連絡が多い居宅ケアマネの付き合う人は、同じ職場の人よりも、
他の会社の人との方が多くなりますので、その辺で神経を使うかもしれません。

 

また、居宅ケアマネの月初めには、給付管理業務と言って請求業務を行います。
必要書類も沢山あるため、利用者と触れる時間よりも、事務処理を行なう時間が多くなります。

 

 

利用者と触れることを大事にしたいのか、連絡調整約としてエキスパートになりたいのか。
自分のしたい方向によって、施設か居宅のケアマネを選ぶことになります。

 

 

受験資格

ケアマネジャーの資格試験を受けるためには、実務経験5年以上が必要なのですが、
介護福祉士だけでなく、看護師、医師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、はり師・・・
などなど、医療系などの資格を持った実務経験者でも受験することが可能となっています。

 

 

しかし、実際には多くの受験者が介護福祉士であり、従事する人の多くも介護福祉士ルートです。
したがって、この資格は、介護の仕事をする人のための資格と言って良いと思います。

 

毎年、合格者が20%程度という超難関の試験となっており、合格は狭き門です。
これは落とす試験であるとも言われ,その背景には、ケアマネが余っているからとも言われいてます。
とは言え、ケアマネジャーの就業先は豊富にあり、今後も期待が寄せられている資格です。

 

 

 

ちょっと余談になりますが、ケアマネジャーは正式名称を介護支援専門員と言いますが、
以下のように、4つの言い方があります。

  1. ケアマネ
  2. ケアマネージャー
  3. ケアマネジャー
  4. 介護支援専門員

 

上の順番は、通常、職場などで呼ばれている順番となっていますが、
正式な名称としては、むしろ逆で、下からの順となっています。
ですから、正式名称である「介護支援専門員」は、正しい名称ですが、ほとんど使用されておらず、
通常は、略語である、ケアマネが一般的には使われることが多くなっています。
2と3では、3のケアマネジャーが正しい呼び方で、ケアマネージャーと伸ばすのは正しくありません。