介護 仕事

介護職は、どんな職場があるのでしょう?

介護の仕事と言っても、働く場所は様々であり、内容や勤務時間なども変わります。
介護職として働ける職場は色々とありますが、大きく分けると、下の3つが代表的です。
ぜひ、ご自分に合った職場を見つけ、充実した介護業務が出来るよう心がけて下さい。

 

 

 

老人ホーム

自宅などに住む事が困難になった高齢者が、新たな生活の場所として住む場所です。
老人ホームといえど、種類が色々とあり、その種類によって、生活も変わりますが、
あくまで生活の場であるということが、病院などとの大きな違いとなります。

 

介護職は、24時間を交代制で勤務します。(3~4交代の勤務が一般的です。)

 

したがって、夜勤などの勤務もあり、生活は不規則になる覚悟がある程度必要ですし、
土日祝、年末年始、ゴールデンウィークなど関係なく、休日は交代制となります。
休みの希望もを出せますが、希望の休みなどを出すことが出来ない職場もあるようです。

 

デイサービス

主に、自宅に住んでいる高齢者が日帰りでサービスを受ける施設です。
入浴、食事、利用者同士のコミニュケーション、レクリエーションなどのサービスを受けます。
また、利用者は高齢者ですので、自分で施設へ行くことが困難なため送迎もあります。

 

利用者が、充実して満足した1日にしてあげることが大切と言えますので、
明るくて元気な人の方が、より向いている職場とも言えるでしょう。
勤務形態は、基本的には日勤のみですが、土日は勤務の場合もあるし、
宿泊できるタイプの施設もあり、その場合は、夜勤をしなければならないもあります。

 

 

訪問介護

在宅で生活している利用者に対し、その自宅に訪問し介護業務を行います。
1件あたりの訪問時間は短かく、1日に複数の家を伺うことが、ほとんどです。
もちろん、パート勤務などにより、1日に1件しか行かないような勤務も可能です。

 

仕事内容は、実際の家に伺うことになりますので、家事援助的な要素が多いのですが、
もちろん、身体介護もありますので、様々な仕事をこなしていく必要があると言えるでしょう。

 

 

 

介護の仕事とは言え、職場は様々です。
自分に合った仕事は、働いてみるまで分からない部分もありますが、
転職、就職する際は、転職支援サイトのコーディネーターに相談するのもありだと思います。