介護 仕事

デイサービスでの仕事内容

デイサービスとは、食事は排泄、入浴などのサービスを、日帰りで行う場所です。
また、ただ生活に必要な事だけでなく、レクリエーションやリハビリなども行います。
デイサービスはその名の通り、日帰りでサービスを行なう施設を指しますが、
とにかく施設によって特色が出やすい介護保険サービスであることは間違いありません。

 

また、中には宿泊出来るサービスを行っている所もありますが、それは介護保険外のサービスで、その施設が独自に行っているサービスになります。

 

 

 

デイサービスでの1日の流れを説明します。
必ずしも同じではありませんので、参考程度に読んで下さい。

 

 

8時~9時位

送迎
自宅まで、お迎えに伺います。施設の職員が、直接車で迎えに行きます。

 

 

9時30分位~

ティータイム
施設に到着した利用者に、お茶の時間を楽しんで頂くと同時に、
他の利用者とコミニュケーションを図っていただいたりします。
また、同時に健康状態のチェックなどを行ったりします。

 

10時位~

入浴
デイサービスの多くは、入浴設備もあります。もちろん、健康状態に問題があれば、
中止となりますし、必ず毎回入ると言うわけではありません。個人に合わせ、
入浴回数を決めます。また、入浴時間は、午後に分けたりする場合もあります。

 

12時位~

昼食
食事は、栄養補給するという意味だけでなく、人間にとって楽しみの一つです。
ですから、食べられれば何でも良いというわけでなく、色々と気を使います。
美味しい食事を楽しく食べていただくよう配慮するのも、仕事のうちの一つです。
デイサービスでは食事にこだわり、うりの一つになっている所もあるようです。

 

13時位~

レクリエーション、おやつ
昼食が終わったあとは、様々なレクリエーションを行ったり、お茶の時間もあります。
その日によっても違うし、利用者によっても違うし、施設によっても異なります。
また、男女などで時間を分けて、午後に入浴する場合もあります。

 

16時位~

送迎
利用者を自宅まで送ります。最後まで気持よく帰っていただけるよう、
スタッフは、最後まで笑顔でお見送りします。

 

 

 

以上が、デイサービスの1日の基本ですが、施設や、曜日などによっても変わります。
また、職員は、この流れに沿って仕事をしますが、この前後も準備、片付け、
その他、ミーティングや雑用など、様々な仕事をこなすため、勤務時間は当然、
8時間以上となるでしょう(パートの場合は個別によって変わりますが)。

 

 

デイサービスの勤務時間は、例外を除き、早番や遅番、夜勤などもありません。
ですから、家の事情などで変則的な勤務が出来ない人にとっては、おすすめです。
ただし、休日は土日休とは限らず、変則的な場合もあるので、注意して下さい。