老人ホームの給料

老人ホーム給料

介護職の中でもメジャーな職種である老人ホーム介護職員。
3Kなどのイメージがある割に、とても給料が安いと言われていますが、
果たして、どれ位もらっているのでしょうか?

 

 

施設や地域によってかなり開きがあるため、一概にいくら位とは言えません。
あくまで、参考程度の給料しかご説明できませんので、ご了承願います。

 

老人ホームで働く介護職員の給料

下の表は、正社員の場合です。

基本給 大体15万円~20万円位で、昇給が少ないところも多いようです。
各種手当 夜勤手当、資格手当や家族・住宅手当などある場合もあります。
福利厚生 正社員なら、社会保険は完備されている所が多いです。
賞与 年間で2~5ヶ月分位ですが、中には全くないところもあるようです。

 

 

給料は、他の職業と同じで、地域によって差があるようです。
都心部などでは、年収300万~400万以上も狙えますが、地方では、250万位~となりそうです。
いずれにせよ、初任給で月15~25万円前後からのスタートと考えて良いでしょう。

 

パート、アルバイトなどの場合は、時給800円位~1200円位が相場となっているようです。

 

老人ホームで働き収入を増やすのであれば、上のポストを目指すのが良いでしょう。
最終的に管理職などに就くことが出来れば、年収500万以上も十分可能です。
そのためには、資格はどんどん取得すると、その可能性も広がることでしょう。

 

ただ老人ホームの場合、給料だけではなく、施設の雰囲気、人間関係などが重要です。
介護職が続かない理由として、人間関係に問題がある職場が多いと言われています。
少し位給料が良いからといって、大変そうな職場を選ぶと、続けることが出来ないかもしれません。

 

介護という仕事は、ある程度上のポストでない限りは高い年収を望むのが難しいので、
まずは、給料よりも、仕事内容や、自分にあっている職場かどうかや、雰囲気などで職場を選び、
資格などをどんどん取得し、経験を積んでから、給料のことを考えると良いと思います。

 

 


介護職はただでさえ低収入ですから、少しでも給料の高い職場を選びたくなる気持ちは分かります。
でも、まずは自分で働きたいと思う所かどうかを選択基準にすることをおすすめします。