介護 仕事

介護の仕事とは?

介護の仕事と一言で言っても、様々な職種があり、働く場所も様々です。
ですから、現場で働く介護士だけが、介護の仕事というわけではありません。
相談業務jを行う社会福祉士、ケアプランを作成するケアマネジャーなども介護の仕事と言えます。

 

しかし、当サイトでは主に、実際の介護業務に当たる人の仕事内容などを中心に紹介します。
働く場所は、老人ホームを中心に、訪問介護、デイサービスなどでの仕事なども紹介します。

 

とはいえ、先にも述べましたように、介護の仕事とは、広義の意味ではさまざまな職種が含まれます。
ですから、メインはあくまで介護士(介護職)の仕事を紹介しますが、現場との関わりが深い仕事である、ケアマネジャーや、管理職、相談員などの職種も随時紹介して行きたいと思います。

 

 

現在の介護職について

介護の仕事は、現在とても注目されて、以前とはイメージが大きく変わってきています。
以前の介護の仕事と言えば、誰もやりたくない仕事の上、給料も安く、3K的なイメージがありました。
もちろん、それは今も変わらない部分もありますが、以前とは少し状況が変わってきています。

 

 

長引く不景気や、派遣切りと言った就職氷河期の様な時代が訪れてからは、
人手が不足していた介護の仕事が一気に注目を浴び、多くの人が仕事を求めて流れてきました。
当然、求人倍率がも上がり、企業側も質の高い人材を求めるようになってきています。

 

 

以前の様に、「どこも雇ってもらえないから、仕方なく介護の仕事をしよう」という人は少なくなり、
より専門性が高く、質の高い介護業務が出来る人を、企業側も求めるようになってきています。
また、国が介護業務の質を高める動きも活発になっており、専門性は益々高くなってきています。

 

 

現在、介護の仕事をしたいと思っている方や、復帰してみたいと思っている方は、
中途半端な気持ちで挑むのではなく、本気でこの業界で頑張って行くという気持ちが必要です。
また、最低限の資格も保持し、やる気なども伝わらないと不採用になることも多いようです。
それに、大変な部分も多い介護の仕事は、気軽な気持ちでは自ら挫折してしまうかもしれません。

 

 

しかし、逆に言えば、本気でやる気持ちがあれば誰でも出来る仕事とも言えるのです。
学歴や年齢、職歴などはあまり重視されず、人間性などが重視される世界です。
もしこの仕事に興味があるのであれば、尻込みせずに、ぜひ挑戦してみてください。