30代・40代の男性介護士について

30代から40代の男性で介護の仕事を始める人は多い

介護の仕事って、女性の仕事というイメージが強いでしょうか。

 

確かに、一昔前までは介護職の大半が女性だったようです。
ですが、不景気の波が押し寄せた時から、男性の転職先として注目が集まりました。
それまでは介護の仕事=女性の仕事だったのに、今では男性でも出来る仕事として注目されています。

 

もちろん、介護職は未だに女性の方が圧倒的に多いようですが、男性スタッフが多い職場もあります。
特に施設系の仕事だと、男性スタッフの割合が多いようです。
それには理由があり、訪問介護だと調理や洗濯など男性には難しい仕事が多いからです。
また、訪問介護は主婦のパートで仕事をする人が多いという事実もあります。

 

逆に施設だと調理は厨房の職員がいますので、調理をする必要がないのです。
それに、老人ホームなどは正職員だと夜勤をする必要があり、主婦が働くには難しい場合もあります。

 

 

そういった理由などがあり、訪問介護ヘルパーは女性が多いですが、老人ホームスタッフは男性で働いている人もかなり存在しますし、採用側としても受け入れやすいようです。

 

 

また、男性で介護の仕事をしてみようと思う人は、他の仕事で挫折した人が結構います。
他の仕事がダメだったから介護の仕事をするという安易な考えの人は、介護の仕事はとても大変なのでやはり挫折してしまう可能性も高いかもしれません。
しかし、実際問題としてそのように他の仕事から転職する男性は結構多いのです。

 

そういった理由で、男性で30代、40代、あたりから介護の仕事を始める人は結構多いんです。

 

採用側としては、なるべく20代男性を採用したい所もあるかもしれません。
でも、30代、40代、さらに50代以上の男性からの応募も結構あり、採用もされています。

 

 

ですから、もし30代・40代以上の男であっても介護の仕事は十分可能です。
そもそも、介護職というのは年齢や学歴はあまり関係無いし、性別も重要でありません。
大切なのは、人のコミュニケーションができるかかなどの方が重要視されています。

 

 

しかも体の大きな男性利用者を介護する時は、やはり男性スタッフが頼られます。
だから、老人ホームなどの介護職では、男性スタッフも欠かせないのです。

 

 

安心して下さい。30代・40代・50代あたりの男性の方でも需要は結構あるようです。
年齢が上になるにつれて就職も不利になるかもしれませんが、働くことは十分可能です。

 

男性のあなた、諦めずに介護の仕事を探してみませんか?きっと見つかると思いますから…