介護 仕事内容

老人ホームでの仕事内容について

介護の仕事と言えば、老人ホームでの仕事を思い浮かべる人は、とても多いと思います。
もちろん、老人ホームだけが介護の仕事というわけではないのですが、代表的な仕事の一つです。
ここでは、老人ホームでの基本的な仕事内容について説明したいと思います。
施設によって仕事内容は様々ですが、なるべく基本的で、一般的な仕事を中心に紹介します。

 

 

まず、老人ホームでの仕事で一番大切なことは、利用者の生活をサポートをするということです。
利用者の方にとっては、生涯生活するであろう、とても大切な生活の場であるのです。
病院などは、一時的な短期間の宿泊が中心ですが、老人ホームの場合、多くは一生です。

 

 

もちろん、短期滞在型の老人ホームなども存在しますが、いずれにせよ、生活する場所なのです。
利用者の方は、様々な生活の援助が必要となり、それをサポートするのが、介護職の仕事です。
その援助内容は、利用者の方によって異なり、必要な部分だけを援助して行けば良いのです。

 

 

まずは、老人ホームの1日の流れをざっと見て行きましょう。
施設によって異なりますが、大体どこの施設でも同じです。

 

 

5時位~

起床介助
まずは、朝になれば、当然のごとく起きますから、それにともなって介助が必要となります。
朝の着替えや整容、排泄などの介助をします。義歯の装着のお手伝いなども行ったりします。
利用者によって内容は異なりますが、朝起きて、食事前の援助ということになります。

 

8時位~

食事介助
朝の身支度が済んだら、次は食事となります。
食事は、大抵の場合、食堂で他の利用者の方と一緒に食事をすることになります。
食事介助は、必要な方に、必要な分だけ行うことになります。

 

10時位~

お茶の時間
脱水は、とても危険です。特に高齢者は脱水になりやすいので、注意が必要です。
食事時での水分補給はもちろん、お茶の時間を設け、水分補給をしてらもいます。
もちろん、単純に「お茶の時間を楽しむ」という意味合いもあります。

 

12時位~

昼食
食事は、老人ホームで住んでいる利用者にとっては、楽しみにしている事の一つです。
食事は栄養補給だけでなく、人間にとって、楽しみの一つであもあるのです。
朝食と同じ様に、介助が必要な方には介助をし、食後のケアも同じように行います。

 

15時位~

おやつ
おやつの時間は、お菓子などを食べるだけでなく、利用者の憩いの時間でもあります。
他の利用者と一緒に会話をしたり、将棋やオセロ、折り紙などをすなどして、くつろいだりします。
楽しみの少ない利用者の方にとって、とても貴重な時間と言えるでしょう。

 

18時位~

夕食
夕食の時間も、朝食や昼食と同じ様に、基本は食堂で一緒に食事をします。
また、朝食や昼食時もそうですが、食後には服薬介助といって、一包化され、
利用者の名前が書いてある袋を手渡すか、直接飲んでいただくなどの介助を行います。

 

 

19時位~

就寝介助
寝る前の介助です。パジャマへの着替え、口腔ケア、排泄介助などを行います。
ちなみに排泄介助とは、トイレに誘導する場合もあれば、オムツ介助の場合もあります。
声掛けや見守り程度で、自分で出来る方もいますので、利用者によって様々です。

 

 

19時位~5時位

見回り、排泄介助
利用者の方が就寝中には、何度も排泄介助を行います。
高齢者の場合、普通の若い人に比べ尿を貯めることが出来ないために頻尿になりますし、
オムツでの排泄の場合、そのままでは不衛生だし、オムツから漏れてしまうどのなどの理由です。
夜間帯の業務は、排泄介助を繰り返し行なうといった感じになります。

 

 

 

以上がだいたいの1日の流れとなっており、再び、起床介助を行い、1日の始まりとなるわけです。
また、毎日同じ流れではなく、定期的に(施設によっては毎日)レクリエーションなども行いますし、
介護職とは言え、バイタル測定(血圧などを測ること)などの簡単な医療的な仕事もこなします。

 

 

そして、これらの業務を、交代制で行うことになります。勤務形態としては、
早番、遅番、日勤、夜勤、準夜勤などがありますが、時間や形態は、施設によって様々です。
こちらを参照
また、この他にも、事務的な仕事や、施設の雑用業務など、様々な仕事をこなす必要があります。

 

 

この様に、老人ホームでの仕事は多岐に渡り、とてもハードな仕事と言えるでしょう。
しかし、とてもやりがいのある仕事であるのは事実だし、様々な知識も身について行くのです。
大変な仕事なのは間違いないですが、やりがいもあり、様々な経験をすることも出来ます。