介護職の失敗しない転職先選び

介護の転職が上手く行く方法

介護の仕事を探す方法は様々な方法があり、管理人自信も転職する際は、様々な方法を併用します。

 

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 新聞の折込チラシ
  • 無料情報誌
  • 仲間からの情報

仕事探し、就職先を成功するためには、情報はフル活用したほうが良いでしょう。

 

 

もしあなたが、年齢も若いのに経験や資格も豊富で、人間的にも完璧であれば、むしろ企業から引っ張りダコでしょうが、そんな人は少ないですし、そもそもこの記事を見るまでもなく転職はスムーズに行きそうです。

 

そんな人であれば、面接すればすぐに合格できるでしょうが、皆がそうとは限りません。

 

 


そこで、介護職の転職がスムーズに行く方法を伝授します。
裏技とまで呼べるような方法ではないですが、転職を失敗しないためにも必読して欲しい重要な内容ですので、転職・就職をしたいと思っている人は必ず読んで下さい。
あなたの仕事探しが失敗しないために大切なことが書いておきました。

 

私の、個人的な体験を踏まえて説明する内容なので、あまり当てはまらない人もいるでしょうが、転職に不安な方にとっては、きっと役に立つ情報だと思います。

 

 

 

求人の情報はどこが良い?

どれに良い情報がころがっているかは分かりません。どこに求人広告を出すかは企業が決めることです。
ですから、上記で紹介した、求人サイト、ハローワーク、新聞の折込広告、無料の求人誌、口コミ等全て活用し、希望の条件が整ったら必ずチェックしておきましょう。

 

とは言え、各媒体にはメリット・デメリットがある上、どれを中心に探すかは迷う所ですよね。
ですから、管理人の独断ですが簡単なランキングおよびメリット・デメリットを書いておきます。

 

介護職専門の求人サイト

 

メリット
とにかく求人数が豊富ですし、全国の求人が掲載されています。
これでもかってほどのサポートをしてくれるところまであるし、それでも全て無料です。
業種や職種、雇用形態などの希望別に探したりすることもできるため、とても便利です。
介護系の仕事を探すのであれば、求人サイトへの登録は必ず行いましょう。

 

デメリット
求人サイトは当たり外れがあり、一つのサイトに絞って探すと、良い職場が見つからない可能性があります。
また、求人サイトに出すには費用がかかるのですが、かなり高い費用を払う場合もあるため、求人サイトを利用しない企業もあります。

 

ハローワーク

 

メリット
やはりハローワーク(職業安定所)を外すのも勿体無いと言わざるを得ません。
広告費がかからないので、小さい会社にとってはとてもありがたいし、信頼度も抜群であるため、ハローワークにしか求人を出さないところすらあります。
近所のハローワークまで行くのは面倒ですが、今はインターネットからも探すことが可能です。
デメリット
条件を設定して探すことも出来ますので、求人サイトと同じように利用できるのですが、面接にはハローワークの紹介状が必要なので、希望の求人が見つかった際はハローワークに行く必要があります。

 

無料の求人誌・新聞の折込広告

 

メリット
地域に密着しているため、地元の情報だけが掲載しています。
新聞を取っていれば折込広告はいっぱい入ってきますので、良い求人が見つかることもあります。
無料の求人誌も、コンビニやスーパー、ドラッグストア等においてあり、気軽に探すことができます。
デメリット
介護系の求人に特化しているわけではないため、良い求人が見つかるのは稀ですから、メインとして利用するのではなく、サブ的に活用すると良いでしょう。

 

口コミ・引き抜き

 

メリット
すでに介護系の仕事をしているのであれば、就業先に出入りしている別の事業所から引き抜きがあったり、職場の仲間が良い情報を持ってきてくれることもあります。
面接する前に、面接では聞きづらいような内容も聞けますし、お互いにある程度の人間関係が築けている場合すらあり、気軽さは抜群です。
デメリット
人の言葉だけでは正確な情報は分かりません。求人広告を出しても応募が来ないような職場なのかもしれません。口車に乗るようなことが無いように気を付けましょう。
個人的な感覚としては、良い職場に転職できることは稀であると感じます。
したがって、この方法での転職はおすすめ出来ませんが、もし声がかかって、その会社も転職先の検討先に入れたいのであれば、事前に自分でその会社をネット等を利用して調査をするようにしてください。

 

 

面接は複数受けるの?その際に併願していることを伝える?

半年位かけてゆっくり仕事探しをしているのであれば、1つずつ面接し、良い職場が見つかった時点で転職を決めれば良いでしょう。
しかし、多くの場合、1ヶ月後とかには決まって欲しい状況になっていることが多いかと思いますが、1つずつ結果を待って面接して行くと、なかなか就職先が決まらずプー太郎状態が長引くことになりかねません。

 

ですから、転職する際は複数の会社に面接に行き、良い職場を天秤にかけたいですよね。
しかし、面接官にそんなことを言えるはずはなく、「御社だけしか面接してません」と言ってしまう…。

 

 

面接は、全力で志望していることを伝える場なのですから、それはそれで良いことだと思います。
合否の結果というのは後日に連絡するのが普通ですから、採用の連絡が来たら、その時に考えれば良いんです。

 

と言うより、そもそも就職先を真剣に考えている人であれば、複数の面接をしていることは別に失礼なことではないですし、企業側だって何人も面接して採用を決めたいのが普通です。

 

だから、もし採用の連絡が来たけれどもう少し待ってもらいたい場合は、合格のお礼を言いつつ、
「実は御社の面接後(面接前)に、もう1社受けて、その結果待ちをいただくことになっておりますので、もう少々待っていただけますでしょうか?」と伝えます。
そうすると企業としては、あれ?うちはその会社が落ちた際の保険で面接を受けているのでは…と思われてしまいかねませんが、間髪入れずに、
「御社が第1志望なのですが、今後の自分の一生を決める大事な転職なので、しっかりと決めたい」ということを伝えます。
妻帯者であれば、家族で話し合って決める必要があることも伝えると、ちょっとした逃げ道にもなります。

 

とにかく真剣な就職・転職であるということを伝えれば、面接官だって人間です。
適当に面接して、合格したらラッキー位に思っているような人は、むしろ落とされてしまうでしょう。

 

そして、それで企業側に天秤にかけられて困ると言われたら、それまでです。他を探しましょう。
あなたの真剣な仕事探しを何一つ分かってもらえないような企業はこちらからお断りですから。

 

もちろん、どうしても就職したい会社から採用の連絡であるのなら、迷わず採用してもらってくださいね。

 

 

人材紹介会社の上手な利用の仕方

上の続きになりますが、複数の企業に面接をする場合に活用できるのが人材紹介会社です。
面接が人材紹介会社経由であれば、合否の結果も人材紹介会社経由となります。
人材紹介会社経由の面接は、採用の結果も人材紹介会社経由でお知らせが来るかと思いますが、その際に、他も面接しているから待って欲しいと伝えれば良いんです。
同じ人材会社経由で複数受けたのであれば、むしろそこはコンサルタントが上手く調整して、企業に待ってもらえるよう伝えてくれるでしょう。

 

介護系の人材紹介会社は、成功報酬型で、1人紹介するとかなりの金額を企業からもらえる仕組みになっていますので、なるべく採用させたいために、早く決めて欲しいと言われることもあるかもしれません。
しかし、あまり強く言ってしまうと求人登録者からの信頼が失われ、登録解除させられることを恐れていますから、無茶なことは言いませんが、逆に言えば、コンサルタントの言いなりだけで仕事を探している訳じゃないということもアピールすれば良いかと思います。
紹介会社にとって、企業も求人登録者もお客様なので、あなたを大切に扱ってもらえますので心配は無用ですが、逆に無理矢理にでも就職させようとする紹介会社は自分から切って行けば良いんです。

 

 

人材紹介会社は、採用までの様々なことをサポートしてもらえるのですが、大きなメリットの一つとして、上記に書いたような、採用を保留にして欲しい時にも任せることが出来ます。

 

 

 

人材紹介会社ってそもそも何? 転職サイトの違いは?ってことを書いた記事もありますので、併せて御覧ください。