介護 仕事内容

介護の仕事内容は?

 

介護の仕事は、どんなイメージを持っていますか?
よくドラマなどで介護士の仕事中のシーンが登場しますが、その場合だと、
お年寄りのお世話を利用者のペースに合わせ、楽しい時間を過ごしたりするイメージでしょうか。
仕事なのだから、大変な部分があるのはお分かりでしょうが、現実はかなり違います。

 

老人ホームに限らず、訪問介護やその他の職場でも、大抵は日々の業務に負われています。
人件費などの問題から、最低限の職員で流れ作業のように業務をして行くことになります。
残念ですが、介護業界は人件費を節約しなければ経営出来ない事情があるんですね。

 

とは言え、利用者と触れ合うことによって、様々な感動を味わえることもまた事実です。
人と触れ合うことの素晴らしさや、利用者に感謝されることなども、介護の仕事ならではです。
介護の仕事というのは、大変だけれど、やりがいのある仕事でもあるのも間違いありません。

 

 

では、実際の仕事内容としては、どんなことをするのかを紹介してみたいと思います。
具体的には職場や施設によって変わりますが、一般的には以下の様な仕事があります。

 

 

 

食事介助

ご自分で食べられない方への介助をします。
最初から最後までお手伝いする方もいれば、少し見守る程度の方など、様々な人がいます。
食事介助と言っても、利用者の状況を見て、安全で楽しい時間にする必要がありますが、
実際の介護現場では、時間に負われて忙しいため、中々そこまで考えることは少ないようです。

 

 

排泄介助

利用者の排泄介助と言っても、色々とあります。オムツ交換をする場合もあれば、
トイレ介助の場合もあります。また、トイレ介助も、利用者が転倒しないように支えてげる程度から、
便器に座る動作、車椅子でのトイレまでの誘導、立ってズボンの上げ下げ、陰部を拭くなど、
全ての動作をこちらが援助する場合もあり、トイレ介助と言っても様々なのです。

 

 

入浴介助

利用者の入浴を援助をするのですが、これに関しても利用者によって援助内容は様々です。
施設の場合だと、居室に浴室がある施設は少なく、共同の浴室での介助がメインです。
忙しい施設だと、利用者を流れ作業の様にどんどん介助するというのが現状です。

 

移動介助

利用者の移動手段は様々です。車椅子の人、歩行器を使う人、杖を使う人など、様々です。
一人で移動出来ない人の介助や、歩行が不安定な方の見守りなど、様々です。

 

 

その他

介護職は、その他、様々な仕事があります。施設の掃除、備品の補充、
バイタル測定(血圧測定など)、洗濯、食事の配膳、服薬介助、調理、買い物など、
様々な仕事があります。仕事内容は、職場や施設の種類によって異なります。

 

 

 

 

介護士は、上記の仕事の他、様々な雑務なども行っていかなければなりません。
老人ホームでは、利用者への援助を流れ作業のように行なう場合もあり、
なかなか理想通りの介護が出来るとは限らないのが現状です。
訪問介護でも同じく、限られた時間の中で指定された業務をしなければならないのです。

 

 

職場によって違いますが、いぜれにせよ仕事内容は多岐に渡り、雑用などもあります。